YouTubeに現在考えられる最高の音質でアップする方法。(前編)

この記事は約3分で読めます。

最近、DIGICheck スペクトラルアナライザーをボーッと見ながらYouTubeを楽しんでおりました。


プロのMVはいい音がするなあ、続けて自分のアップした動画を見てみる音量はそこそこ同じくらい出ているのに音がこもって聞こえる。ショボーン『あれ?』アナライザーで見ると僕の動画は16KHzからバッサリ無くなっているじゃないか MVと高音の出方が全然違う???詳細統計情報の画面をよく見るとCodecsが違うmp4aとOpus?

最近のMV
拙者のオリジナル
MVはCodecs の右側音声コーデックが Opus になってます。
拙者のはmp4aのまま

YouTubeヘルプにこんな説明がありました。

画面を右クリックし「詳細統計情報」を出しコーデック行のスラッシュ右側がオーディオの情報を見ます。
ここにmp4a.40.2(140)と出ていたらコーデックはmp4aでビットレートは128kbps、サンプル周波数は44.1kHz、高域上限は約16kHzです。コーデックがAACの場合もほぼ同等の特性です。
お使いのブラウザーがChrome, FireFoxあるいはEdgeの場合はWebm形式のデコードが可能ですので、画質が720P以上の場合は音声コーデックはOpus(251)が標準です。この場合はサンプル周波数48kHzで高域上限は20kHzとなり現在のところYouTubeで得られる最高音質です。もちろんアップロード側がそのコンテナー内にそれ以上の品位のファイルを入れる必要があります。さらに詳しい情報を必要とされる場合はお問い合わせください。

これだ!でもOpus(オーパス)にする方法がまったく分からない。

こちらに詳しく書いてありました。

猫大好きのブログ様
Youtubeに高音質でアップロードする方法 2019年10月

Vocal-EDIT.com様
YouTubeで最高音質目指す

1、最近コーデックが高音質のOpusも使えるようになったがOpusに変換される条件は?

  • アップロード時の音声トラックがPCMまたはFLAC(必須ではない)
  • パートナー企業のアカウントからの投稿
  • チャンネル登録者数が多いアカウントからの投稿
  • 再生数が多い動画

 と言う鬼仕様
 しかし抜け道があって動画の画面サイズを(2560 x 1440)以上に設定すると音声がOpusとなる

2、最近、過去の動画がOpusに変換され始めている
 しかしmp4の場合AAC→mp4a→Opusと3回も圧縮変換されて音質が落ちているため音は悪いまま
 WAV(PCM 48kHz 24Bit)→Opus(48kHz)がYouTube最高音質となります。

  • MP4でそのままアップ AAC(悪)→mp4a(悪)
  • 過去の動画がOpusになってた。ヤッター! AAC(悪)→mp4a(悪)→Opus(良)ショボーン
  • 2.5KのMP4でアップ AAC(悪)→Opus(良)
  • 2.5KのMP4とWAV 48kHz 24Bitを合体させたmkvをアップ WAV(最良)→Opus(良)

 豆知識
 音は一度でも圧縮されると元には戻りません。MP3をWAVに変換しても音質はMP3のままですよ
 最悪は圧縮音源からの再圧縮です、その都度音質は落ち続けます。AAC(悪)→mp4a(悪)

3、WindowsOSやGoogleChromeの再生リミッター(音質悪化)を回避する。
 WindowsOSでは再生時に-0.13dBを超えるとリミッターがかかります。
 GoogleChromeも再生時に-0.5dBを超えるとリミッターがかかります
 WAVデータの最大ピークを-0.5dBにすることで回避可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました