Cubase 初期設定/データの取り込み

この記事は約1分で読めます。

Cubase 初期設定(2-1)

CUBASEでオーディオインターフェースを設定する方法はこちら

オーディオデータ取り込み

BIABで作成した各データをDAWに取り込んでいきましょう。
DAWは Cubase Pro 9.5で説明します。
まず、オーディオトラックを ステレオ3本 モノラル4本作製します。
ステレオにはDs AG2 PadとモノラルにはBass AG1 EG1 EG2と名前をつけます。

トラックを作成

続いてBIABで作成したデータを読み込みます。
ファイル→読み込み→オーディオファイルを使って楽器名を合わせながら読み込んでいきましょう。

全て読み込んだ状態

全てのデータを取り込めたら、ここでマーカートラックの設定をしておきましょう。
この後の作業が飛躍的に早く楽になります。

Ctrl+Mでマーカートラックを呼び出します。
画面の上にあるサイクルでループ範囲指定をしてから
機能→サイクルマーカーを挿入で1番と全曲とサビを設定します。
後はマーカートラックのサビをダブルクリックするだけでループ範囲が変更できます。
Steinberg / Cubase Pro 10.5 通常版 DAWソフトウェア (CUBASE PRO/R)

コメント

タイトルとURLをコピーしました